スポーツジムのインストラクターの仕事を大解剖!

スポーツジムで、主に運動指導をしてくれるスポーツインストラクターですが、運動指導以外にも様々な仕事をしています。

そこで、将来スポーツジムでインストラクターの仕事をしてみたいという人や、実際にインストラクターの仕事を探している人のために、スポーツジムのインストラクターの仕事について詳細に解説します。関連-スポーツジム|メガロス

持っていると役立つ資格や向いている人の特徴などについても紹介するので参考にしてくださいね。

スポーツジムのインストラクターの仕事内容は?

スポーツジムのインストラクターのメインの仕事は、利用者の健康に配慮した運動指導です。スポーツジムの利用者は老若男女様々です。また、一人一人ジムに通う目的や基礎的な運動能力も異なります。インストラクターは、利用者に合わせたトレーニングメニューを考えて提案します。

トレーニングを継続する中で計画は随時変更していくこともあります。あくまでも利用者の希望を優先させて満足してもらえるトレーニング内容を考えなければいけません。マシンの整備や点検、スポーツジム内の環境を整えることもインストラクターの大切な仕事です。

マシンの中には、不備があることで利用者にけがを負わせてしますことや最悪の場合命に関わることもあります。安心して利用できるように、マシンの点検は確実に行わなければいけません。また、不備を見つけた場合は迅速な対応が求められます。

スポーツジム内は、いつも清潔にたもたれていることが利用者の満足度につながります。特に共有部分が不潔だとそのスポーツジムに通うことがためらわれてしまいます。また、盗難やトラブル防止のための環境整備がなされていることも重要です。

さらに、個別のトレーニングの他にスタジオで講師を務める仕事もあります。ヨガやダンス、エアロビクスなど特技があるインストラクターはスタジオレッスンを任されることが多いようです。個別のレッスンとは異なり、集団をまとめていく力が期待されています。

スポーツジムのインストラクターになるための方法

スポーツジムのインストラクターになるためには、スポーツジムで直接雇用される方法とフリーのインストラクターとして業務委託契約をする方法があります。直接雇用の場合は、求人情報の中から自分の希望するスポーツジムを探して採用試験を受けることになります。

書類審査や面接試験など一般の採用試験のほか、実技試験がある場合もあります。得意な分野がある人は、その点をアピールすることで採用の確率があがるでしょう。無事、採用された後は、スポーツジムの采配によって配置や担当が決まることになります。

フリーのインストラクターの場合は、業務委託という形で働くことが多いようです。給料は出来高制や時給制のほか、固定報酬制の場合もあります。フリーのインストラクターは、自分の特技を生かして活動していることも多く、特性を生かせるスタジオレッスンを担当する傾向が高いです。

有名なインストラクターになると、スポーツジムの方から働いてほしいと声がかかりますが、無名の場合は自分で営業をして働く場所を探すことになります。自分のスタジオや教室を持っていて副業としてスポーツジムで働いている人もいます。

スポーツジムのインストラクターに必要な資格とは

スポーツジムのインストラクターになるために絶対に必要な資格というものはありません。多くのインストラクターが何らかのスポーツ経験者であったり、専門学校や大学でスポーツや人体について学んでいたりするようです。

ですが、中にはスポーツ未経験者でインストラクターになる人もいるので、やってみたいというやる気さえあれば、誰にでもチャンスがあると言えるでしょう。インストラクターをするにあたって、持っていると役に立つ資格には、日本体育協会や日本フィットネス協会の指導員資格や各種インストラクター資格があります。

これらは、指導者として一定の知識と技術があることを認められたということを証明する資格です。スポーツジムの方から取得を勧められることもあります。また、健康運動指導士は、生活習慣病が増加している社会で需要がある資格と言えるでしょう。

生活習慣病を予防し、健康な生活を長く送るための運動プログラムを作成することができる資格です。その他にも、栄養士や理学療法士、看護師資格を持っている人がインストラクターに転職をすることもあります。これらの資格は、スポーツをする時の食事や体の構造を科学的に見ることができるので、職場で重宝される資格といえるでしょう。

スポーツジムのインストラクターに向いている人の特徴とは

特に資格を必要としないスポーツジムのインストラクターですが、向いている人には共通の特徴があります。それは、コミュニケーション能力があること、向上心があること、柔軟な対応ができることです。利用者とのコミュニケ―ションは、インストラクターに求められる資質として大きなものです。

利用者と信頼関係が築かれることで利用者にとってよいプログラムを組むことが期待できます。また、担当する利用者がいない場合も、元気に挨拶ができることや困っている利用者がいたら率先して声をかけるなど接客のプロとしてのコミュニケーションも必要になります。

インストラクターの仕事内容は幅広く、やる気がある人はどんどん知識や技術を増やしていくことができます。実際に、スポーツ経験がなくインストラクターを始めた人が、トレーニングについて学んだあとにヨガやエアロビ、水泳などについても学ぶことで、責任ある仕事を任されるようになります。

インストラクターに向上心があると、利用者も触発されてやる気がアップする可能性が高いです。トレーニングプログラムはどんなに綿密に組んでいても、利用者の体調や都合によって変更を余儀なくされることがあります。

そのような時も焦らず、その時最も良い方法で計画を変更する柔軟さが大切です。最終目標をしっかりと見定めて、臨機応変に対応する能力が求められています。

『スポーツジムの使用におすすめな安いイヤホンを紹介』

スポーツジムのインストラクターに向いていない人の特徴とは

一人で黙々と仕事をしたい職人タイプはスポーツジムのインストラクターに向いていないかもしれません。特に、スタジオレッスンになると大勢の生徒を相手にすることになるので、人前に出ることが平気なことや、クラスの雰囲気に合わせてレッスン内容を変えるなどの臨機応変さも大切になります。

ですが、パーソナルトレーナーのように、一人一人と向き合ってトレーニングを行うタイプのインストラクターであれば、黙々と仕事をしたいタイプの人にも向いています。集中して一人の人を担当することができるため、人との関わりも最小限に済ませることができます。

パーソナルトレーナーとして一人の人間の体を変えことは、黙々と仕事をする職人タイプの人にぴったりの仕事です。